LINEが自分で終わった場合の次のアクションは?再開のタイミングや注意点など!

好きな人や気になる人とのLINE、嬉しいですよね。

でもそのやり取りが自分のターンで終わったとき、ふと、こんな風に思いませんか?

次はどうやってLINEを再開させたらいいの?

相手にとって私って脈ありなの?

この記事では、止まってしまったLINEのやり取りを再開するための効果的な戦略や、相手とのコミニュケーションを深めるテクニックなど、解説します。

焦りから失敗などしないよう、参考にしてくださいね。

記事のポイント
  • やり取りを再開するための効果的な方法
  • 連絡をいつ再開したらいいのか
  • 相手の反応をどう解釈する?脈あり・脈なしの判断
  • 関係を深めるためのコミュニケーションテクニック
スポンサーリンク
もくじ

LINEのやり取りを終えた後の心理と再開のポイント

自分のメッセージでLINEが終わってしまうと、相手の反応を待ったほうがいいのか、自分から重ねて送ってしまうとしつこいと思われないか…など相手への期待と、不安な気持ちが混ざり合った心理状態になります。

では相手の関心を引きつつメッセージを再開するには、どのようにすれば良いのでしょうか。

LINE再開のための戦略

会話を再開させるたには、どのような戦略があるのでしょうか。

いくつかポイントをあげてみます。

  • 相手の好きな話題で再開:
    相手の好きな話題を出してやり取りを再開させるのは効果的です。
    例えば、相手が好きな動物の動画を送るとか、好きな映画などあればそれについて触れることで、相手は返信しやすくなり、自然と会話が盛り上がります。
  • 共通の知り合いの話題を出す:
    共通の知り合いについて話すことも効果的です。
    同じ職場なのであれば、その職場の上司の話題など、相手としか通じない話題を選ぶと良いでしょう。
  • 相手が詳しいジャンルの質問を投げる:
    例えば相手がスマホなどの機器に強い人であれば、無知を装って(あくまで自然に)使い方がわからないから助けてほしいと投げてみるのも良いでしょう。
    聞かれたことが得意分野であれば、丁寧に教えたいと思うものです。

これはNG!!

みりねこ

内容のないLINEで再開しようとするのは危険です。
「暇だったから」「今なにしてるのかなって思って」など送ると、恋人でない段階だとめんどくさいと思われてしまうかも!

スポンサーリンク

LINEを再開するベストなタイミングは?

連絡を止める期間の重要性

LINEを再開させたいとしても、すぐに再開するか、一時的に連絡を止めるか、はたまたどのくらいの期間あけたら良いのかも判断に迷うところですよね。

ですが、このタイミングをうまく図ることで、相手のあなたへの関心度を高めることも可能になります。

いかにあなたの存在の大きさを再認識させられるか、がポイントになってきます。

連絡を再開するタイミング

具体的なタイミングの提案はこちらです。

  • 3日後:
    顔を合わせる機会が少ない場合、3日後に再開するのがおすすめです。
    早すぎず、遅すぎず、これくらいの期間だと相手も「連絡を再開させた方がいいかな」と考え始めるタイミングになります。
  • 1週間後:
    週に2〜3回顔を合わせる場合は、1週間後に再開するのが効果的です。
    顔を合わせたときに話した内容などもきっかけに使えますし、再開しやすくなります。
  • 相手からの連絡を待ってみる:
    毎日のように顔を合わせる場合は、相手からの連絡を待ってみるのも良い方法です。
    特に、もし相手が男性だった場合は追いかける本能が働く可能性があるため、少し焦らすことで発展しやすくなります。
みりねこ

話す内容とタイミング、どちらもきちんと戦略を考えてから行動しましょう!

スポンサーリンク

LINEの返信でわかる、脈あり・脈なしのサイン

LINEのやり取りの反応で自分に対して脈あり・脈なしかを判断するのは、割とわかりやすいです。

恋愛感情だけでなく、仲が良いと思っている友人などでも共通して言えることかもしれません。

脈あり
  • あなたに対して質問を多くしてくる
  • 返信が早い
  • あなたの好きな話題を振ってくれる
  • やり取りのラリーが頻繁に、かつ長く続く
脈なし
  • 質問するのは常に自分の方から
  • 返事がスタンプのみのときが多い
  • 既読になっているのに返信が遅い
  • やり取りのラリーが続かず、すぐに終わる
みりねこ

ようは、どれだけ相手が自分に関心・好意があるかということなんですね!
自分も人に同じようなことしてませんか?

LINEでのコミュニケーションを深めるテクニック

やり取りを盛り上げる話題の選び方

  • 相手の興味に合わせた話題を選ぶ
  • 共通の知り合いや経験を話題にする
  • 以前の会話や共有した経験を引き合いに出す

相手の興味に合わせた話題を選ぶ

LINEでの会話をする際、相手が好きそうな話題を選ぶようにします。

例えば、相手がスポーツに興味があるなら、そのとき話題になっている試合の予想や結果について話を振ると良いでしょう。

相手は返信しやすくなり、自然と会話が盛り上がります。

共通の知り合いや経験を話題にする

共通の知り合いや経験について話すことも効果的です。

例えば、同じ大学出身であれば、その大学の有名な教授の話題や、地元が同じであれば、その地域の有名人の話題などが良いでしょう。

相手との親密度を高めることができます。

以前の会話や共有した経験を引き合いに出す

以前の会話や共有した経験を引き合いに出すことも、会話を再開する良い方法です。

相手が以前旅行して楽しかった話などをしていた場合は、自分もその場所に旅行してみたいからおすすめプランなど教えて!など振ってみると会話がしやすくなります。

共有の体験に基づいた話題は、相手の関心を引きやすく、会話が自然と続きます。

関係を深めるためのメッセージの工夫

  • 相手の反応を見ながらペースを調整する
  • 個人的な話題や共感を交える

相手の反応を見ながらペースを調整する

相手の反応を見ながら、メッセージのペースを調整します。

相手が忙しい時期だと分かっているときにはメッセージの頻度を控えめにし、反応が良い時には積極的にコミュニケーションを取るなど、柔軟に対応しましょう。

個人的な話題や共感を交える

個人的な話題や共感を交えることで、より深く関係を築くことができます。

また、会話の中で相手が言った意見や感情に共感や同調をすることで、より親密に、身近に感じてもらうことができます。

スポンサーリンク

LINE再開後、気をつけること

再開後のやり取りで気をつけるべきこと

LINEでのコミュニケーションを再開する際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 相手の状況を考慮する:
    久しぶりの連絡になる場合、相手の現在の状況を先にうかがうようにし、無理に会話を進めないようにしましょう。
  • なるべく無難な共通の話題を選ぶ:
    昔話や共通の趣味など、お互いに興味を持てる話題を選びます。
  • 軽いトーンで:
    重たい話題は避け、明るく軽いトーンで会話を進めることが大切です。

長期的な関係を築くためのアドバイス

長期的な関係を築くためには、定期的にメッセージをやり取りし、関係を維持するようにしましょう。

また最近はマッチングアプリなどの出会いから、LINEでやり取りに発展する場合も多くなってきました。

だた、オンラインだけでなく実際に会って交流することもとても重要なので、会うことが可能な相手なのであれば、できるだけ直接会うようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEが自分で終わった場合の次のアクションは?再開のタイミングや注意点など!・まとめ

常に繋がることができて便利なLINEでのやり取りですが、コミニュケーションの取り方は人それぞれ、千差万別です。

相手に興味があったとしても、ただたんにLINEが好きじゃないだけで連絡が途絶えてしまう、といった場合もありますので、相手がどういった人なのかを見極めることも重要ですね。

自分本位で焦ってしまうことがないよう、相手の気持ちを考えながらコミニュケーションをとりましょう。

では記事のポイントをまとめます。

  1. 自分のメッセージでLINEが終わると、相手の反応を待つべきか悩むことがある
  2. 相手の好きな話題を出してやり取りを再開させるのが効果的
  3. 共通の知り合いの話題を出すのも良い戦略
  4. 相手が詳しいジャンルに関する質問を投げると良い
  5. 内容のないメッセージで再開しようとするのは避けるべき
  6. 再開するタイミングは状況に応じて異なる(例:3日後、1週間後)
  7. 相手からの連絡を待つことも一つの方法
  8. LINEの返信パターンで相手の興味度を判断可能
  9. 相手の興味に合わせた話題選びが重要
  10. 個人的な話題や共感を交えると関係が深まる
  11. 再開後は相手の状況を考慮し、無理に会話を進めないようにする
  12. 定期的なメッセージやり取りで長期的な関係を築くことが重要
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
もくじ